いかにも違和感がある生活満足度調査の結果をどう理解するか

2018年のブログ記事ではあるが、2000年以降の所得と生活満足度の比例・生活満足度調査を基とした分析・考察がまとめられている。当時「若者世代」だった、現在の30~40代の社会背景・意識の一端を掴む文献として引用投稿します。

下記, リンク

***************************

所得に関係なく、生活満足度が向上し続け、戦後最も生活満足度が高くなっている現象については、社会学者の古市憲寿氏が、『絶望の国の幸福な若者たち』*3(2011年)や『だから日本はズレている』 *4(2014年)等で取り上げて、非常に大きな話題になったのを覚えている人も多いと思う。当時、私もこのブログで取り上げた。この頃の古市氏の説明につき、当時自分が納得できたものをあらためてピックアップするとざっと以下の通りとなる。
 
① 若者が親と同居していてあまり貧しさを感じていないこと
 
② インターネットを利用するお手軽なコミュニティは花盛りで
   手軽に承認欲求を満たせるようになったこと
 
③ 自己実現欲求や上昇志向から降りることで小さなコミュニティの
  比較しかしなくなり不満が減ったこと
 
④『今、ここ』にある身近な幸福を大切にする感性のことは
  『コンサマトリー(自己充足的)』と定義され、何らかの
   目的達成のために邁進するのではなく、仲間たちとのんびりと
   自分の生活を楽しむ生き方のことを言うが、90年代以降、
   若者のコンサマトリー化が進み、客観的な経済指標がどうあれ、
   コンサマトリーなマインドを持つ人が増えるほど満足度は
   上がることになった。
 
 
■ 現時点での再評価
 
2018年現在の視点でこれを再評価してみると、①は親のスネがかなり細りつつあるが、今のところ『最低限の衣食住の充足』という意味では相変わらず機能していると考えられる(ただしこれからもれると貧困に転落する恐れがあり、実際貧困に沈む若者が増えている)。
 
②はかなり怪しくなりつつある。平成30年の情報通信白書勉強会の報告でも述べた通り、日本ではインターネットはコミュニティのつながりを広げるツールとしてはほどんど利用されていないことがわかってきたからだ。*5
 
一方で、不特定多数ではなく、特定の知り合いの間に限定したコミュニケーションツールである、LINE等の利用は浸透しており(2017年7月時点の利用者数は、7,000万人、1日に1回以上利用する率である、アクティブ率は72%)、若者が狭いコミュニティーに閉じこもる傾向は一層顕著になっている。だから、③の説明は今でも有効だし、強化されたと言っていいかもしれない。日本だけでなく、海外でも、インターネットによって、人は自分が興味があって、心地よい情報しか目を向けなくなる傾向が助長されることがわかってきているから、コミュニティも、情報も、時を追うごとにその人の心地よいものだけに限定されていく。自分の比較の対象となる人も制限されるから、嫉妬したり、不満を感じたりすることも少なくなる。いかに大谷が大リーグで活躍しようと、一般人はそれに嫉妬心を感じたり、それによって自分に不満を抱くことはない。比較の対象にならないからだ(だが、身近な兄弟とか学校や職場の友人となるとそうはいかない)。
 
人が抱く不満は、その人の置かれる境遇の絶対的な劣悪さによるのではなく、主観的な期待水準と現実的な達成水準との格差によるとする、いわゆる『相対的剥奪』という理論があるが、インターネットは、主観的な期待水準を効率的/効果的に下げるツールとなっているとも言える。主観的な期待水準を下げて、自分に心地よく設定することができれば、結果として、不満が少なくなり、相対的な満足度も上がると考えられる。
続きを読む

伝統産業は最先端を取り入れるからこそ継続する

1200年続く京都の伝統工芸・西陣織の織物は、ディオールやシャネル、エルメス、カルティエなど、世界の一流ブランドの店舗で、その内装に使われています。伝統工芸は古い手法を守るのだけではなく、常に新しい技術を取り込んで現代に生きているのです。

・・・・・・以下引用(リンク)・・・・・・
(前略)
1200年続く京都の伝統工芸「西陣織」の歴史について、駆け足で説明します。
一般的に西陣織というのは、京都の西陣と呼ばれるエリアで作られる先染め織物の総称です。その起源は六世紀にまでさかのぼります。中国で開発された「空引機(そらびきばた)」という織機が日本に持ち込まれ、紋織物を織るようになったのが始まりです。

この「空引機」というのは、高さが四メートルくらいまである非常に大がかりなものです。機械の上に一人が上がって、そこから経糸(たていと)を上げ下げしながら柄を出していく。二人がかりで、一反を織るのに一年くらいの時間を要します。

西陣織の歴史は、究極の美を追求する歴史でした。手間暇をかけて圧倒的に美しい織物をつくる。だから注文主も、天皇、貴族、将軍、神社仏閣の高位聖職者など日本史のトッププレーヤーたちでした。彼らにオーダーメイドの織物を織ることが、西陣の仕事だったわけです。
ちなみに西陣織の「西陣」とは、応仁の乱のときに西軍の本陣がおかれたことに由来します。度重なる歴史上の戦乱で京都は焼け野原になり、そのたびにクライアントは貴族から武士へと変わりながらも、時代の成功者たちが求める最高級のブランドとして生き残ってきました。

クライアントがお金に糸目を付けず、西陣織の究極の美の追求を支えるというエコシステムがあったのです。そのエコシステムが一変したのが、明治維新でした。
この時、西陣織は最大の危機を迎えます。大政奉還によって幕藩体制はなくなり、それに伴って、西陣織を支えてきた将軍はいなくなってしまいました。天皇や貴族、富裕層も、京都から東京へと移りました。西陣織を求めてきた、主要なプレーヤーがみんないなくなってしまったのです。このままでは西陣のものづくりを未来へと継承していくことができない。西陣織はかつてない危機に直面しました。

西陣の人々は、美の追求をなんとか未来へとつなぐため、ある行動に出ました。明治の初めに、三人の若い職人をフランスのリヨンに送り込んだのです。

西陣の職人が当時、フランス語や英語を話せたわけではありません。それでも遠い異国の地へ飛び込んで、技術を学ぼうとする決意と覚悟が、当時の西陣の人たちにはあったのです。
フランスへ渡ったうち二人は腕利きの織り手で、もう一人は織機のスペシャリスト。彼らのミッションは、当時のフランスで最先端の織物技術である「ジャカード織機」とその技術を日本に持ち帰ることです。

京都からフランスへの船による渡航は、文字通り命懸けのものでした。海を渡った三人の職人のうち一人は、帰路、フランスから日本へ向かう船が伊豆沖で沈没して、京都へ戻ることなく命を落としました。残りの二人が学び伝えた技術と、彼らがフランスから持ち帰ってきた最先端の織機が、西陣織を新しい時代に再生させました。職人が命を懸けて持ち帰った新技術が、西陣織の究極の美の追求を未来へとつないだのです。

このジャカード織機の導入により、西陣の織物が生む美の幅はさらに広がっていきました。時代を経て戦後の日本では、西陣のきものは花嫁が結婚式のときに仕立てる一生ものの宝となり、定着していきます。

伝統産業のイメージが強い西陣織ですが、究極の美を追求するために、最先端の技術も取り入れながら決死の覚悟で自らの技術を進化させてきた歴史があるのです。続けるということは、ときには大胆な革新を起こす精神が必要、ということなのだと思います。

・・・・・引用終わり・・・・・


孫悟空
 ( 不生 不定 浮浪 )

「昔は怒ってばかりいた」そんな僧侶が教える"何があってもご機嫌でいられる"毎日の作法

怒りは身近な大切な人にぶつけてしまいがちです。そうなる前に自分で鎮める方法はあるのでしょうか。京都・両足院の副住職、伊藤東凌さんは「怒ることをやめるにはコツがある」と話します――。
関連記事
ブッダの言葉に学ぶ「横柄でえらそうな人」を一瞬で黙らせる"ある質問"
若いころは短気だった
実は私自身、昔はよく怒っていました。すごく短気で、家族に対しても他人に対しても、よく怒っていましたね。知らないことを知らないと言えず、常に不安を抱えて、それを怒りというエネルギーに変えていたのです。

昔はよく怒っていたと振り返る伊藤さん。 昔はよく怒っていたと振り返る伊藤さん。(撮影=Hiroshi Homma)

今振り返ると、あんなに怒っていたのは知識と挑戦が不足していたからだと思います。学ぶ姿勢が足りていませんでした。

また、弱い自分を受け止める自信がなかったということも原因の一つです。自分を肯定するために怒る対象を探してしまっていたのです。

そのことに気づき、人生のイヤな出来事は全て学びの種だと捉えることができるようになったころから徐々に怒らなくなっていきました。

怒りは美しくない
そもそも、怒っている人を見ていい気持ちになる人はいないと思います。それは、怒りが美しくないからです。大事なことは、美しいものを探すことにエネルギーを使うこと。自分が感動や喜びなどのポジティブな気分になれることは何なのか、それをできるだけ毎日積極的に自分から発見しにいく習慣を持つことをおすすめします。

そうやって日々美しさを実感していると、自分の中にある怒りも中和されていくからです。「美」にアンテナが立っている人は、怒りの荒波からも美を見つけようとして、のみ込まれることはありません。

詳細はリンクより




森浩平
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ギャラリー