現代の丁稚奉公はどうあるべきか?

小学生の子どもたちと仕事をする中で、
彼らの仕事に取り組む姿勢には驚くことばかり…。

まっすぐに指摘を受け止め、どんどん成長!
周りのみんなに笑顔を広げていく。

子供の頃から【はたらく=傍を楽にする】を
肉体化しておくべきではないだろうか?

リンク
(前略)

丁稚奉公とは日本において、江戸時代から第二次世界大戦終了まで行われた
子供を対象とした労働形態・育成制度である。
丁稚と呼ばれる子供たちは衣食住の提供を受ける代わりに無給で商店に勤め、
主人のもとで雑用をこなしつつ、業務必要な様々なノウハウ・マナーなどの教育を受ける
もしくはそれを自主的な学習、すなわち「盗む」ことで覚えていく。
最終的に、優秀な丁稚は暖簾分けという形で主人から許しを得て
自らの店を持つことが許され、独立していった。
続きを読む

パラレルキャリア実践者が語る、メリット、はじめ方、失敗談

リンク
以下引用

(前略)
■柳内啓司が実感する、パラレルキャリアのメリットとは。
柳内:
おはようございます。それにしても3連休の初日から、皆さん、意識高すぎですね(笑)。素晴らしい。私は今TBSテレビに所属して、テレビ番組のデジタルプロデュースをやっています。

パラレルキャリアとしてはいろいろやっていて、ヤフーニュース個人のオーサーをやったり、あとライフハッカーで書かせていただいたり…他にも今回のように新しい時代の働き方を発信したり、お医者さんとかカメラマンのPRを支援したり、最近はメディア業界のオンラインサロンをスタートしました。さらに、今日声をかけていただくきっかけにもなったかもしれないんですが、『人生が変わる2枚目の名刺』という本も出版しています。
続きを読む

本当の遊びは生産にこそある!

こんばんは☆

先日、会社の同僚営業マンが、「営業対象と遊び仲間になる」「遊び仲間に入れてもらう」ことから始めたらどうか?と上司にアドバイスされました。

とにかくそこに可能性を感じた同僚は、早速、動いてみました!(腰が軽いってとても素敵です)

続きを読む
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ギャラリー