「自分探しの旅」でなぜ、何もみつからないのか

以下(リンク

■答えは「外側」ではなく、「内側」にある
人間関係に悩んでいる人は、基本的には真面目です。
 
その真面目さから、「人間関係がうまくつくれないのは自分がダメだからだ」と思ってしまい、自分の何をどのように変えればいいのだろうかと悶々と考えるのです。
 
そして、なかには‘自分探しの旅‘に出てしまうような人もいます。
 
20代のとある男性は、会社で人間関係の板挟みに悩み、自分を見つめ直したいと考えて日本一周の旅に出ました。お金はほとんど持たず、ヒッチハイクの旅です。
  
ときには旅先で知り合った人の肩をもんで、その対価を少しだけ受け取ったり、農作業を手伝って食事をお世話になったりしたそうです。
 
旅をしていた間、彼は「何も持たないのに、とても幸福だった」と言います。
 
ところが、1年の旅を終えて戻ってきた途端に、急激な不安に襲われてしまいました。
 
同級生たちは仕事を山ほど経験して成長しているのに、自分はまだ無職でどこも向かう先がない。不安にいたたまれなくなった彼は、数か月間のアルバイトをして再び旅に出ます。しかし、旅先から戻ると、また同じような不安に駆られたのです。
 
「一体、何がダメなのかわからない。自分はどうすればちゃんとした人間関係をつくって生きていけるのだろうか。このままだと、何度も同じことの繰り返しだ」
 
私は彼からそんな相談をされたのですが、環境や行動を変えても、人間関係をつくる原理原則が理解できていないと、自分に自信が持てる人間関係はつくれません。
 
同じ悩みを抱えて北欧の果てまで旅したとある女性は、このように言っていました。

「どこまで行っても新しい自分はいなかった。分かったのは、どこに行っても自分がついてくるということ」
 
どれだけ自分を探す旅に出ようが、自分の潜在意識に目を向けて、何をどう変化させればいいのかわからないと、何も変わらないのです。

自分に対して自信を持って、どこでも人間関係をつくってうまくやっていきたい。

そのためには、まずは「いかに自分が自分のことをわかっていないか」を知ることです。人間の脳は、自分がなぜそれを選択するのかを意識させないまま、イメージと近いほうを選ぶクセを持っています。

その根本にあるのが、潜在意識なのです。

前述の彼も、自分自身の潜在意識にアプローチすることによって「自分が何者なのか」を明確に理解し、未来のビジョンを描いて行動できるように変化していきました。

自分がうまくいく原因も、うまくいかない原因も、全ては潜在意識にあるのです。

ですから、自分探しの旅をして外側に自分を探すのではなく、自分の内側の潜在意識に目を向けることが、問題解決の一番の近道なのです。


人間関係に悩んでいる人は、基本的に真面目です。
 
その真面目さゆえに、「人間関係がうまくつくれないのは自分がだめだからだ」と思い、自分の何をどう変えればいいのだろうかと悶々と考えるのです。
 
そして、なかには‘自分探しの旅‘に出てしまう人もいます。

 あなたは、まだ自分探しの旅をして、答えを外側に求める選択をしますか?

 それとも、自分の潜在意識にアプローチをして、内側に目を向け、未来のビジョンを描いていく選択をしますか?




大崎

一体化の第一歩は挨拶。「挨拶のない組織」では当事者意識や主体的行動は生まれない

最近リモートや、在宅もあり、挨拶をする機会も減ったかもしれません。
しかし、挨拶はマナーだけでなく組織として実はすごく重要はファクターなんです。
挨拶の起源は、「一挨一拶(いちあいいっさつ)」が元になっていると考えられています。

一挨一拶とは、師匠から弟子に、または修行僧同士で声を掛け合うこと。
ここに礼儀や気遣い、ねぎらいなどが加わって、日本ならではの挨拶に進化していったと言われています。
挨拶の「挨」は押す、「拶」には近づくという意味があります。
互いに一歩押し近づくことで、相手の心の内を推しはかることを意味しています。

そこで組織にとって挨拶の効果について調べました。

リンク

■「関係・思考・行動」に存在する、5段階のレベル
ところが、非常にクリエイティビティ、主体性の高い人がいたとしても、チームの関係の質がすごく低いと、やっぱり「できない」とか「うまくいかない」とか、そういう集合的思考になってしまうんです。我々はさっきも話題に出ましたけど、1人でものごとを作るために組織にいるわけではありませんので、集団の中で共創を生み出すためには関係・思考が非常に大事ということかと思います。

この関係、思考、行動には実はレベルがありまして、それぞれ深さがあります。



サクッとご紹介すると「関係の質」レベル1は『挨拶』とか『声かけ』くらいですね。レベル5になってくると『一体感』とか『協働』『信頼』となってきます。

同様に「思考の質」も、まずは『関心を持つ』ところから始まって。物事をそのまま、困難も一応は受け止めることができて、よい側面や可能性に着目します。まず『なんとかしたい』っていうのが、レベル2ですね。レベル4、レベル5まで上がってくると『確信』とか『探求』『意味創造』という領域にきます。
続きを読む

競争時代の左脳教育から、共生時代の右脳教育へ(その②)

リンクより引用します。

※※※以下、引用※※※(その①)の続き

つまり右脳を活性化させるためには、まず「豊かな感情表現をするようにして、元気を出して、たくさん会話をしたり、好きな本を読んで語彙力を増やして、表現力を豊かにして、ユーモアを覚え、想像力を鍛え、型にはまらない思考や言動、行動をするように心がけ、情熱的になっていきいきとするようになり、洞察力を鍛え、あらゆるものに関心を持って、同調力を身につけたり協調性を高めたり、あらゆる角度から物事を、できれば同時にみれるようにしたりする事」を習慣づけるようにすればよいという事です。もちろん右脳のためのトレーニングや、芸術に親しんだりする事も、右脳を活性化させるのに効果的です。

また、とても大事な点があります、右脳は、脳波の低い状態でよく働くという研究結果があります。右脳は眠りません。つまり睡眠は左脳が行うもので、睡眠中は右脳が三割もより活性化する事が明らかになっています。そして、また重要な事に脳波が低い状態で右脳がより働くという事は、ポジティブな感情や豊かな感性が働く時は、脳波が低く、右脳も活性化しているという事です。またその状態で、予知能力なども働き、催眠術などによる超常能力も働くというわけです。逆に脳波が高い状態では、左脳が優先になりますが、同時にいらいらしたり怒りや嫌悪感、恐怖心などのネガティブな感情が優先になって、五感の限定された範囲にしか、感覚が働かなくなります。つまり我々が、意識的に超常能力をコントロールしようと思えば、完全に左脳が眠る直前の低い脳波の限界点である、7~8Hzが最適という事になるわけです。私たちが、右脳を活性化させる事が、どれだけメリットのあるものか、これでよくわかっていただけますよね。

私の言いたいのは、日本人が教え込まれた競争社会の実現により、一部の富裕層だけが特をして、多くの大衆が貧困になりさらに、政府や企業の主導による利益優先の社会で、大衆に健康被害を与えるような環境は顧みられず、社会を支える大半の労働条件も劣悪になり、さらに大国の味方をして戦争までさせられるような国になっているのは、競争という概念をたたき込まれて、互いを助け合わない社会が実現して、自分たちがどういう状況にあるのかさえ、感覚が鈍ってわからなくなっているということだからです。右脳が発達すれば、感性が働き、全体を俯瞰する視野も得られ、洞察力も深くなり、良い心を持つ人達の気持ちも、わかる上に、逆に自分たちから富や権利や自由を奪おうとする者たちの意図も読み取れるようになって、大衆の人たちが、互いを助け合って、豊かな社会を自分たちで創りあげようという意識に変わっていくと思うからです。

(後略)

※※※引用、以上※※※


野崎章
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ギャラリー