>この、シニア層が明らかに『社会的発言』や趣味と言うには本格的な歴史研究や事実追及(主に技術や科学の領域)に入っています。

この視点・・・他の方からも過去の投稿でシニア層という事で何度か登場してきていますが、やはり「社会改革活動の主体はどこか」を考えた時に、外して議論することのできない層であることを私も実感しております。

 先日とある○サイトの主催者の方と面会していろんな話をしたのですが、その方は現在70歳で社長の職を数年前に退き、今は会長職で現業からは退いておられます。その意味ではまさに有閑層の範疇にはいるのかもしれません。
現在、執筆活動や講演活動、出版活動、読書、考古学の研究等おおよそ営利活動とは程遠いところでエネルギッシュに活躍されています。有閑層でありながらほとんど暇のない生活をされています。そして、その方はご自分で興された塾で同じような高齢者の方でかつての学者、弁護士、社長等、社会的に地位もあり活躍をされてすでにリタイヤされている(現役の方もいらっしゃいますが)方を中心にインターネットを使って全国に150人に及ぶ頭脳集団のネットワークを持っておられます。まさに事実追求の探求のための緩やかな層として集合しつつあるのです。

その方と話して感じたのですが、知的好奇心と追求力、そしてしがらみにとらわれない自由な発想と行動力・・・それらを持ち合わせて生き生きされているのです。それらの活力を70歳にして維持しておられるのです。

と同時に働き盛りの30代から50代の層に社会改革の活動の担い手が期待できない理由はそこら辺にあるのかもしれません。

もちろん投稿されているように有閑層の中にもいろんな層がいて社会変革活動と有閑層が直結するという論法は乱暴です。しかし私も現役を退いた経験が豊かでや学識のある知的好奇心に溢れたシニア層には例え一握りとは云え、その方々に大きな期待を持つのです。

そして同様に生き生きしているもう一つの層としては、既婚女性、又は否婚女性でしょう。この事はかなり以前の投稿で議論されましたが。

そう考えると私権社会の既成フレームから意識として解放された層が社会変革の担い手としては相応しいといえるのではないでしょうか。



>もう1つの領域である、若者・学生についての分析を是してください。

これもシニア同様に一くくりにしてしまう論法は危険です。今は少数ですが、期待できる層が必ずいるはずです。そこの議論はまさに現役の若者に委ねたいと思います。



田野健