生き甲斐では無いでしょうか。会社勤めをしていても、50過ぎで定年退職が訪れる。その後の20年をどう生きるか。何を目的に生きるか(活きるか)の問いかけに、自分なりの自分磨きを始めているのでは無いだろうか。

 会社に行けば、自分の仕事があり、自分を必要としてくれる人がいっぱい居る。しかし、ある日突然、誕生日が来たとたんに会社の規則と言うことで退職しなければならない。働く意欲も、働く体力も十分に有るのにである。第2の人生の生きる(活きる)目標を具体化できれば、社会変革の業務も豊富な経験を持って、また十分に楽しみながら参加できるのではないだろうか。

具体化する方法とは?
手法は様々有るだろうが、キーポイントは「その人を必要としてくれる人がいる」ではないだろうか。




吉松幸一郎