現代は就活で仕事や会社を選ぶという意識でいると思う。しかし、そこにはきつい仕事は…とか待遇面が…と不安ばかりが裏にあるような感覚も受ける。

恐らく、それでは仕事に就いても続かないし、何より仕事で充足はしないと思う。そういう意味でこの記事は大事な認識だと思う。
-----------------
30年後を憂うより目の前の仕事に手を抜くな
リンク

ご縁をたいせつに

みなさんが今いる業界が、20年後、30年後にまだ存在するかどうか、まずはそれを考えることが最初だと思います。控えめに言っても、今存在する業種の半分はあと30年後にはもう存在しないでしょう。だから、今30歳の人で、60歳まで同じ会社で働ける人はほとんどいないということです。相当数の人は今就いている職業とは違う職業に就いている。ですから、汎用性の高い知識や技能を身につけていないと職業的には生き延びていけないということです。たまたま自分が今いる業界で求められている技能や知識に特化し、業界の現状に最適化していると、場合によっては、業界もろとも「歴史のゴミ箱」に投じられるということもありえます。
でも、どんな職業が消えて、何が残るのか、どんな新しい職業が生まれるのか、そんなことは誰にも予測できません。10年後にAppleやGoogleが存在しているかどうかなんて誰にもわからない。ですから、考えても仕方がない。僕からのアドバイスはとりあえず「ご縁をたいせつに」ということです。

僕自身がそうですが、これまでやってきた仕事は全部「頼まれ仕事」です。「これやってくれないかな?」と頼まれて、「ああ、いいよ」と応じるということを何十年か続けてきたら、いつの間にかこういう仕事をしていた。計画したわけじゃないんです。人に頼まれた仕事を一つ一つこなしているうちに、気がついたらこんなところに漂着していました。

英語では、「天職」のことをcallingとかvocationとか言います。どちらも「呼ぶ」という意味です。「誰か、この仕事してくれませんか?」という呼びかけがあったときに、周りを見渡して「え? 誰もやる人いないの?……じゃ、僕、やります」とよく考えずに手を挙げてしまった結果、人は天職に出会うものだということを、この言葉は教えてくれます。
(以後略)
-----------------
(引用以上)



 小平健介