グローバリズムによって、国家が解体され、それと同時に、いい学校→いい企業→幸せな家庭という幸せモデルも崩壊した。とホリエモンも語っている。

ホリエモンは個人主義者で快楽主義者なので、とことん、自分が気持ちいいと思うこと、「快」を追求せよという。しかし、「快のシェア」がビジネスの鍵であると展開し、「シェア」の大切さも忘れない。

自分発であれ、相手発であれ、実現する人は「充足可能性の共有」に焦点を当てている。そして、「やりたくないことをやらされているだけでは、いいものは生まれない」から「強制する学校教育」からはさっさと脱却した方がいい、という考え方も、自分発・相手発という立場を超えて共通見解だ。

「脱強制・脱学校」は、従来の主義主張や立場を超えた大きなうねりになっていくのではないだろうか。

リンク

***************************


 「インターネットの発達と、LCCなどの低コストの移動手段のおかげで、僕たちは国境を無視して世界の誰とでも瞬時に交流できるようになった。国家は“想像の共同体”とも呼ばれましたが、まさに今、その枠組みは意味を失いました。名実ともに虚構の産物です。

その“国家幻想”の消滅と同時に、社会から『幸福の正解』もなくなりました。いい大学に進学し、いい企業に就職し、結婚ができれば安泰だという従来の幸せモデルはもはや機能しない。今、僕たちが向き合うべき課題は、『いかにいい大学に入るか』ではなく、『いかに自分だけの幸福を見つけ、追求するか』です」
  
 国家が設定した義務教育を経て、健全な労働者となるーーこれまでの幸せのロールモデルをなぞるのをやめ、自分だけの幸福を追求するということは、用意されたレールの上を歩くのを拒否するということだ。では、レールから外れた後はどうすればいいのか。
  
 「進むべき方向、何のために何をするのか、どんな風にするのか、すべてを自分で決め、自ら責任を負いながら突き進めばいいんです。新しい時代を楽しく生きるために欠かせないこの原動力を、僕はシンプルに『没頭する力』と呼んでいます。僕はこれまでの人生で、親や学校教育に忠実だったことは一度もない。僕が唯一従っていたのは、何かにのめり込んでいく自分、つまり『没頭』です。それが僕を数々の遊びに、パソコンに、そして幾多のビジネスに向かわせてきた。僕にお金や学び、そして何より生きる楽しさを与えてくれたのは、学校ではなく、没頭という体験だったと断言します。とにかく、今の自分が夢中になれるものに徹底的にハマればいいんです」
  
たしかに好きなことに夢中になるだけでいいのなら、これほど幸せなことはないだろう。しかし、この弱肉強食の世の中、それで本当に食っていけるのだろうか?
  
 「僕は常々、『遊びは未来の仕事になる』と言ってきました。IT業界の仕事を思い浮かべれば、『遊びから生まれたもの』の割合がとても高い。現在、世界で大ヒット中のSNSアプリ『スナップチャット』は、送った写真などが最大で24時間で消えてしまうという特徴があり、『所有』よりも『アクセス』に価値を見出すデジタル世代の若者に受けた理由がこれです。開発者のエヴァン・スピーゲルも、『重要なのは〈楽しさ〉』と語っています。
  
この『楽しさ』は、幸福にもつながります。僕は、これからの幸福の指標は『感情のシェア』だと考えています。その感情とは、『楽しい』『嬉しい』『気持ちいい』といった『快』です。『快』をシェアすると、そこにたくさんの賛同者が集まり、つながっていく。そして、つながった全員に豊かさがもたらされる。この共感こそ、これからの世界を動かす原動力です。
  
ピコ太郎は、『快のシェア』をグローバルな単位で実現した好例です。彼自身も、初めから世界的ヒットを狙ったのではなく、自分の『面白い』『楽しい』をシェアしたいという純粋な思いから動画を作ったと話しています。やりたいことに本気で取り組めば、必ず支持してくれる人が出てくるということです」
  
やりたくないことをやらされているだけでは、いいものは生まれないし、そもそも続かない。職を得るのが困難な時代、むしろ無理に外へ求めるのではなく、自分の中で本当にやりたいことを見極め、腰を据えてそれに取り組んでみることで、おのずと道は開けるのではないだろうか。

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論』より


 山澤貴志