リンク より引用

ティム・クック氏は、スティーブ・ジョブズを継いだApple社のCEOである。そんな彼はMIT(マサチューセッツ工科大学)で、2017年卒業式にてスピーチを行った。
 彼はそのスピーチで「目的が定まらなかった自分」「テクノロジーと人類がこの先どう関わりあうべきか」「スタンスを持つこと」を情熱的に語った。
 以下がそのスピーチの書き起こしである。

■一部の人のためだけではなく全員のために最善を尽くしましょう
こんにちは、MITのみなさん!

(会場拍手)

ありがとうございます。2017年卒のみなさん、おめでとう。ミラード学科長、ライフ学長、名高い教職員たち、評議員のみなさん、1967年卒の生徒たちに感謝を述べたいです。

卒業生のみなさん、その家族や友人たちとこのような記念すべき日を共にできて、幸せに思います。MITとAppleには多くの共通点があります。どちらも難題、新たなアイディアの探求を愛し、とりわけ、世界を変えうるアイディアの発見を愛しています。

MITには誇り高きイタズラ、またはハッキングの伝統があるのを知っているよ。ここ数年で、君たちはとてもすばらしい「イタズラ」を成し遂げました。君たちがどうやって火星探索車をクレスギ礼拝堂に送ったのか、ドームの上にプロペラ帽子を付けたのか、学長のTwitterアカウントを乗っ取ったのかは永遠の謎です。それも明らかに乗っ取りっていうのがわかりました。というのも、ほとんどのツイートが午前3時に投稿されていたからね(笑)。

(会場笑)

この場に出席できて幸せです。今日はお祝いの日だ。そして君らは自分を誇るべきです。

■クック氏が青年期より抱えていた悩み 

みなさんは、MITを卒業し、人生の次なる階段を進み始めるにつれ、「これがどうなるというんだ」「何のために」「自分の目的ってなんなんだろう」と思う日が来るでしょう。正直に言います。私も同じ問いを自分にし、答えるのに15年かかりました。私自身の話をすることによって、諸君らは私ほど時間をかけずに済むと思います。

私は、早い段階でその悩みに直面しました。高校生のころ、古臭い「将来何になりたいですか?」という問いに答えられれば、人生の目的を見つけたことになると思っていました。

しかし、そんな簡単にはいきませんでした。大学生になり、「専攻は何ですか?」という質問に答えられれば、見つけたことになると思っていました。それでもない。

いい職につければ見つけたことになる気がした。次に、そうするには今より少し昇進する必要があると思った。それでもダメでした。私は、答えはそう遠くない将来にあるんだと自分を納得させようとしましたが、どれも答えを満たしていません。そのことが、私の心をかき乱しました。

次なる成果へ進む自分がいる一方、「それだけ?」と聞く自分がいた。答えを求めデューク大学院に入学しました。瞑想、宗教、偉大な哲学家、文豪に頼りさえもしたのです。若さゆえの軽率さで、Windowsのパソコンを試みたかことがあるかもしれません。どう考えても、上手く行くはずがないのに。

■Appleとの出会い 

数えきれないほどの紆余曲折を経てやっとの思いで、20年前Appleに行き着くことができました。当時、Appleは生き残ろうと必死だった。スティーブ・ジョブズはAppleに復帰したてで、『Think Different』キャンペーンを始めたところ。

彼はいわゆる「クレイジー」と呼ばれる人々――つまり、社会不適合者、反逆者、トラブルメイカーたち――による最大限の力を発揮させたがっていた。それさえできれば、ジョブズは本当に世界を変えられると知っていたのです。

それまで、これほど情熱的なリーダーや、ここまで明確で心を惹く志を持つ企業に出会ったことがありませんでした。その目的というのは「人に仕えよ」というものです。こんなにシンプルなものだったんです。その瞬間、15年間の探求でやっと何かをつかんだ気がしました。

やっとの思いで、団結した気分になれた。高い志を持ち、挑戦的で、最先端の仕事をする企業との協力。まだ見ぬ技術が明日の世界に改革をもたらすと信じるリーダーとの協力。そして、自分自身、より大きな何かに尽くす深い欲求との団結によるものです。

もちろん、当時全てには気付いておりませんでした。心にあった重荷が取れて嬉しく思っていただけです。けれども、後知恵を使うと、この問題の解決をより納得することができる。それは、「明確な志を持つ場でなければ、そこで働く自分自身の目的を見つけることはできない」ということです。

ジョブズとAppleは私を仕事に没頭させてくれて、彼らの使命を私のものにしてくれました。どう人類に貢献できるだろうか? これは人生で最も壮大で、重要な課題です。自身を超えた何かのために働きかけると、意義と目的を見つけることができます。だから、君たちにこれからは「どうしたら人類に貢献できるだろう?」という問いを持って進んでほしい。

その2に続く


川内麻生