「馬の鼻先にニンジン」なんて言葉がある。馬の前にニンジンをぶら下げたら、それを食べようと馬は全速力で走り出すという、マンガやアニメでよくみるシーンだ。

 人間でも同じように考え、高給で釣れば優秀な人材はいくらでも集められるし、モチベーションをいくらでも上げることは可能だ、ということを主張する人も結構いる。

 しかし実際には、馬は賢い生き物だ。「走ることとニンジンを食べることは別」だとすぐ気づき、ニンジンを上手に食べるための工夫をするようにはなっても、走ろうとはしないだろう。

〇 高給というプレッシャー

 では人間はどうだろう。高給を示されれば、モチベーションはいやが上にも向上して、バリバリ働くようになるのだろうか。

 実際には、逆になることが結構あるようだ。この人は優秀な人材だと考え、高給を示し、さあバリバリ働いてもらおうとすると、期待したより働きが悪い。いや、期待どころか、普通に考えても働きが悪い。「せっかく高給を支払っているのに、なんで働かないんだよ!」とイライラ。そうこうするうちに会社に来なくなって、退職されてしまった、という話はビジネス界では結構あるようだ。
 
------中略-------

 もちろん、高給を支払っても「俺はまだまだこんなもんじゃないぞ、もっと高給を支払うべきだったと後悔させてやる」と、アグレッシブで貪欲な人物は、いるにはいる。しかし世の中、そんな意欲的な人ばかりではない。

〇 ニンジンのみに生くるにあらず

 業績を上げる人の中には、そこまで金や名誉に貪欲だったわけではないけれど、純粋に仕事が楽しかったからそれにのめり込み、結果として高い成績を収めることになった、という人も結構いる。こうしたタイプは、高給を示されると、かえって意欲を失う。高給、すなわち期待の高さがプレッシャーとなり、プレッシャーに押しつぶされて、仕事が楽しくなくなってしまうのだ。楽しくなくなると、パフォーマンスがひどく低下する。こうした性質の人は、仕事にいかに楽しく取り組むか、ということが大切になる。

 世の中には、お金が欲しいから働く、という人もいる。そういう人は、「馬の鼻先にニンジン」よろしく、高給でモチベーションを高めることも可能かもしれない。しかし、私の経験上、そうした人は、世間ではむしろかなり少なめ。多くは、「仕事が楽しい」ことの方が、パフォーマンスを高めるのに役立つようだ。お金だけでモチベーションを上げようとしても、そうした性質の人は、むしろ高給を示されたことでモチベーションを失うことになりかねない。

 朝ドラ「まんぷく」の登場人物、万平は、仕事が楽しくって仕方ない、というのめり込み方をしている。こういう人物は、お金が欲しくないわけじゃないけれど、お金が理由にならない。楽しいことが何より大切だ。

 だから、もしあなたが経営者で、優秀な人材を引き抜き、意欲的に働いてもらいたいと思うなら、高給を示すのもよいけれど、それ以上に「楽しんでもらおう」とすることが大切だろう。そして、「期待しない」ことだ。だって、期待したら、その人はプレッシャーでつぶれてしまうのだから。

 楽しむといっても、サボってネットサーフィンを楽しむという意味では、もちろんない。仕事そのもの、働くこと自体を楽しんでもらえる環境づくりが大切だ。そのためには、仕事の楽しさを奪ってしまいかねない要素は、ひとつずつ取り除いていく必要がある。

「この人は仕事を楽しめる人。そして楽しんでいれば、何かしらやってくれる人」だと信じることだ。「信じる」ことと「期待」することの違いは、前に別のコラム*1で紹介した。「期待」せずに信じることができれば、そして仕事そのものを楽しめる環境を用意できれば、人は自然と働く。だって、働くことが楽しいから。楽しければ、もっとやりたくなる。工夫も重ねる。だからもっと面白くなる。面白ければ、パフォーマンスはますます向上する。

「馬の鼻先にニンジン」は、実際には馬も走らないようだ。YouTubeで検索すると、実験映像が出てくる。ニンジンを食べたければ、ニンジンを食べる工夫をすればよいだけのこと。わざわざ走る必要はない。人間もそうだ。高給を示されたら俄然やる気が出るか、というとそうでもない。

 働いて欲しいなら、働きたくすればよい。つまり、働くこと自体が楽しくなるように工夫すればよい。

 高給を示す、という行為は、ある意味、安直だ。仕事を楽しくする工夫を捨て、お金で解決しようとしているのだから。しかし、楽しくすることはお金だけではなかなか実現できない。上司、あるいは経営者の心がけによるところ大だからだ。上司が、経営者自身が、仕事を楽しいものにしたい、と考えているかどうかが、大切になる。

 よく言われるように、人間はパンのみに生くるにあらず、だ。馬もニンジンに生くるにあらず、と言えるように。

〇 仕事を楽しいものにする工夫

 馬は、ニンジンなんか与えなくても、本来、走るのが好きな生き物だ。放っておけば、草原の中を跳ね回っている。

 人間にとっての仕事もそうだ。本来仕事は、工夫を凝らすことで達成することを楽しめる、とても面白い「ゲーム」だ。人間は、変に期待値を釣り上げられなければ、仕事を楽しめる生き物だ。楽しんだときのパフォーマンスは、最高のものになる。

 高給を示しても働いてもらえなかった経験のある経営者は、「しょせん人間は、働くのが嫌いな生き物、利益だけ貪って仕事はできる限り怠けたい生き物なのだ」と信じてしまうことがあるようだ。だが、自分自身が、仕事を楽しいものにする工夫を怠っていなかったか、もう一度見直す必要がある。

 仕事は楽しくないものだと決めつけて考えるから、お金で釣るしかないと考えてしまうのかもしれない。しかし経営者がそう考えれば、仕事は楽しくないもの、という社風ができあがってしまう。これではもったいない。

 仕事を誇りある、楽しいものとすること。そうすれば、社員は嬉々として働く。お金は、なるべくそうした社員の仕事ぶりに見合うものにすること。生活に困らず、余裕を確保できるものにすること。それができれば、会社は「楽しい!」を労働意欲のドライブにして、ますます加速するように思う。




津田大照