以下(リンク

あなたは、間違ったノートの取り方をしていませんか?例えば、代表的なものは次のようなやり方です。

● 間違い1;先生が黒板に書いたことそのままを、きっちりと記録する
● 間違い2;授業やセミナーで学んだ内容を、美しく整然と書き込む
● 間違い3;教科書の進行に沿って、順番にノートを書いていく
● 間違い4;黒板をスマホで撮影して、講義をスマホで録音する
 
いずれもよく見かけるノートの取り方ですし、なかには「何が悪いのかわからない」と思った人もいるでしょう。
しかし、これらのノート術はいずれも大間違い。教育心理学の研究などにより、すでに何度も否定されてきた悪手なのです。

それぞれのノート術の欠点を簡単に説明しましょう。
まず、1の「先生が黒板に書いたことそのままを、きっちりと記録する」という行為が問題なのは、そこに自分の頭を使って考える要素がないからです。
以前、拙著『最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法』の中で、私は次のように書きました。

〈真に効果が高い「使える勉強法」には、共通して〝1つの特徴〞があります。(中略)結論から言えば、答えは「アクティブラーニング」です。(中略)数十年におよぶデータの蓄積があるテクニックであり、多くの実証データでも「効果が高い勉強法はアクティブラーニングの要素をふくむ」との結論が出ています。〉

アクティブラーニングとは、名前の通り、能動的に学習に取り組む手法のことです。その定義は複数ありますが、おおよそ次のようなポイントを意味します。

● 勉強の内容に興味を持ち、積極的に課題に取り組むこと
● 知識を学びながら、わからないところを自分で見つけること
● 学んだ内容を、自分の言葉で整理すること
 

受け身の姿勢で講義の内容を頭に入れるのではなく、創意工夫して、自分なりに情報を加工する。要するに、自分の頭を使って考えることこそが、アクティブラーニングにおける最大のポイントです。
黒板の内容をそのまま記録するのは一見するとよいことのようですが、実際はその反対です。授業のあいだは書き写すことだけに注意が向けられてしまい、自分で書いた内容を自分の頭で理解する意欲は上昇しません。その結果、ただノートに情報を書いただけで、いつまで経っても知識が定着せずに終わるのです。

その他のノート術も、根本の問題点は変わりません。

2つ目の「授業やセミナーで学んだ内容を、美しく整然と書き込む」も同じで、きれいなノートを作れば気分は上がるでしょうが、見た目のよさばかりに気を取られてしまい、肝心の講義をまったく聞いていない、というケースはよくあります。

また、それだけならまだしも、ノートに手間をかけた分だけ「自分は十分に勉強した」といった〝ニセモノの充実感〞が生まれて、そこからさらに知識を深めるモチベーションが失われるケースも珍しくありません。

科学的に正しくノートを使いこなすためには、一度記入したあとに大量の「追加修正」を行う必要があります。いったん書いて終わりではなく、あとから気づいたことや新しい知識をどんどん書き加えていかなければ、せっかく学んだ内容が脳に定着してくれません。

あなたがいくら美しいノートを書き上げても、それだけでは本当に使える知識は身につかないのです。

科学的に正しいノート術を実践すると、どうしても紙面は汚くなります。見た目の良さにこだわりたい気持ちもわかりますが、勉強の際は忘れてください。

3つ目の「教科書の進行に沿って、順番にノートを書いていく」も、アクティブラーニングの視点からはよい方法と言えません。

こちらも第1章で詳述しますが、学んだことを効率良く記憶するには、新しい知識と古い知識を自由に結びつけていく必要があるからです。

例えば、数学の勉強を教科書通りに進めた場合、まず「単項式の乗法や除法」を学び、そのうえで「等式の変形」や「文字式の利用」などを経由して、「連立方程式の解き方」に入っていくのが普通でしょう。

もちろん、これはこれで間違った進め方ではないものの、「教科書の進行に沿ってノートを書く」ことにとらわれると、「単項式で学んだ乗法と除法を使えば、連立方程式を解くことができるぞ!」や「かつて学んだ代入法は、連立方程式に使えるぞ!」といったことに気づきづらく、知識の結びつきが生まれません。そのままでは、少し難しい応用問題が出たときに対応できないでしょう。

ノートを取って知識を習得する、という目的から考えれば、教科書の後半で学ぶべき知識を先取りして学び、前半の知識にプラスしてノートを取ってもいいのです。またその反対に、知識を定着させるため、後半で学んだ知識に忘れかけていた前半の知識をプラスしてノートを取る工夫なども大きな効果を発揮します。

教科書の内容順に学ぶのが悪いとは言いませんが、過去に学んだ知識と新しい知識をつなげるためには、どうしても時系列を無視しなければならない場面が出てきます。教科書の順番にとらわれず自由に書き込むのが、正しいノート術のコツです。



大崎