「感謝」が何で大事なのか。
感謝出来ないときほど、本当に上手くいかないし、「ありがとう」と言っても、言われても心動かないですよね。
感謝って、お互いの「いてくれてありがとう」、「うれしい」、「楽しい」、「気持ちいい」のやり取りがあるからこそ、気持ちいいし嬉しいし、またその充足感(幸福感)を求める、プラスのサイクルになって行くんだと思います。
心を動かすには?⇒まだまだ追求ポイントがありますが一つは「体を動かすこと」。感謝の気持ちを、体を動かす所まで落とし込み、繋げる。そこまですることで、相手との感謝のやり取りが身に染みてくるんだと感じます。

感謝の気持ちを「ありがとう」の言葉よりも伝える方法
リンク

---------以下リンクより引用---------
(前略)
感謝を伝える方法を自分の失敗談とあわせてお伝えします。

◆ 感謝の気持ちは言葉であらわす

相手に感謝の気持ちを伝える方法のひとつは言葉であらわすこと。
「どうもありがとう」と言葉であらわすと感謝が相手に伝わります。

言葉にしなくても、言わなくてもわかってくれる、そう思うこともあるかもしれません。
ときには「ありがとう」と言葉にすることが恥ずかしかったりすることも。

しかし「ありがとう」と言われて嫌な人はほとんどいないでしょう。

「ありがとう」と言葉であらわすと、感謝の気持ちが相手に伝わります。

◆ 感謝の気持ちを行動であわらすともっと伝わる
感謝の気持ちを言葉であらわすより、行動であらわすともっと伝わります。
たとえば相手が助言をしてくれた場合。
感謝の気持ちを行動であらわすと相手の助言を受け入れたことが言葉よりも伝わります。

サポートや助言をもらったら「ありがとう」と感謝の気持ちを言葉であらわす。
そして行動に移します。行動したら、その結果を相手に報告する。
相手に報告まですると、感謝の気持ちが言葉であらわすよりも強く伝わります。

あなたが感謝していることを相手に感じてもらえることでしょう。

(中略)

◆感謝の気持ちが伝わらないとき
「ありがとう」と感謝の気持ちを言葉にしても、伝わらない場合もあります。

感謝の気持ちが伝わらないのはどのようなときか。
それは感謝に行動が伴わないときです。
(中略)
次に自分の失敗談を例にあげて解説します。
◆感謝の気持ちの失敗談
成長のための助言や機会をもらうことはありがたく、感謝するものです。しかし助言をもらっても行動に移さなかったり、機会を生かさなかったり。そのように相手の期待を裏切ると、残念に思われてしまいます。

そして相手は次は助言や機会を与えようと思わないでしょう。
ここで自分の経験から、失敗談を紹介します。
(中略)

先程とは別の知人に就職先の紹介をしてもらったときの話。
就職するときはその知人に「ありがとう」と感謝の気持ちとともに就職しました。

しかしその会社では長くは続かず、仕事に不満を持ち退職することに。仕事と人間関係の難しさから、つらい仕事だと感じるようになりました。知人への感謝より、自分の「つらい仕事は嫌」という気持ちを優先した結果です。

感謝の気持ちが足りないと、助言や援助の機会を次第に失うことにもつながります。

自分の考えや気持ちは行動にあわられることが多いです。

◆学習の四段階で感謝を身につける
自分の経験から、失敗談を紹介しました。
感謝の気持ちを言葉で「ありがとう」と伝えると、そのときはいい人に思われます。しかしいい人と思われたい意識が強いだけだと、後の行動につながりません。ただのリップサービスで終わってしまいます。

感謝の気持ちは行動であらわすことで、より強く相手に伝わります。
できるようになるには、繰り返し行うことが大切です。

繰り返し行うことで、体で覚えて無意識にできるようになります。
できない状態からできる状態までの段階を示した「学習の四段階」があります。

学習の四段階~
知らなくてできない(無意識的無能)
知っているができない(意識的無能)
意識するとできる(意識的有能)
無意識にできる(無意識的有能)
知らずに無意識でできない状態から、知っていて無意識にできる状態の4つの段階です。

繰り返し実行することで、無意識にできる状態になります。

できるようになるには、楽をしたい気持ちにながされてはいけません。
自分の感情も大切ですが、相手のことを大切にして、行動することが大切です。

(中略)
参考になれば幸いです。
ここまで見ていただき、ありがとうございました。
---------------------------
以上





豊島麻