2021年01月

行動が早い人は「直感」を使いこなしている! スピード感ある仕事に必要なこと

スピード感のある仕事をするにはどうする?
EL BORDE リンク より、以下転載。
-----------------------------------------------------------------
行動が早い人は「直感」を使いこなしている! スピード感ある仕事に必要なこと

ネットが生活に欠かせないツールになった昨今、ビジネスにおけるスピード感、「すぐに動くこと」「すばやく判断すること」の重要度もますます増してきている。

ビジネスマンにおなじみのPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)を繰り返すPDCAメソッドでいうならば、PlanからDoへの移行スピードを速めることが求められているのだ。

そこで身につけたいのが「仮説力」。仮説がなぜすばやい行動を促すのか、どうすれば仮説力が身につくのか。書籍『0秒で動け』(SBクリエイティブ)の著者でYahoo!アカデミア学長の伊藤羊一さんに聞いた。

■まずは「直感」に従え!

たとえば事業を進めるなかで、A案がいいのかB案がいいのか選択を迫られたとき。すばやく判断し、すぐ行動しなければと思いつつ、データや過去事例とにらめっこするだけで時間を使ってしまい、なかなか実行に移すことができなかった──そんな経験がある人は多いのではないだろうか。

実行に移すことができないのは、「とりあえずの結論」が出せていないからだ、と伊藤さんは指摘する。「とりあえずの結論」を出すことさえできれば、人はひとまずその結論に従って実行に移ることができる。

では、「とりあえずの結論」を出すためには、どうすればよいのか。そこで必要になるのが「仮説力」だ。

仮説力とは、課題(問題)に対して「おそらくこうだろう」という仮の答えを出す力のこと。検討事項を前にしたとき、早い段階で複数の「こうだろう」という仮説を挙げることができれば、その仮説に基づいて「とりあえずの結論」をひねり出すことができる。

逆にいうならば、仮説を立てることができなければ、人はいつまでたっても判断することができず、行動にむすびつかない。

では、どうすれば即座に「仮説」を立てることができるのか。伊藤さんによると、もっとも信頼すべきは「直感」だという続きを読む

農家って最高に楽しい!アパレルから転身した農業女子をご紹介♪

後継者不足が大きな課題となっている農業。

コロナ禍の中、本当に必要なものを考え直した時、命を支える農業の大切さに気付いた方も
多いのではないでしょうか?

楽しみながら農業をやるって、新しい可能性かもしれませんね!

リンク

■アパレルのために大学までいったのに…
農家になる前は、アパレルの仕事をしていました。
もともと服が好きだったので、アパレルの職に就きたくて、大学もゼミで流行を学べるところに入り、卒論もアパレル、ファッションで書きました。
そして念願のアパレル会社に就職。でも一人暮らしをするお金もないし、服も買わなきゃいけないので、実家から、車→満員電車→バスを乗り継いで日々通っていました。
続きを読む

スイッチもこうして生まれた。任天堂を世界企業に育てた山内さんの哲学

面白い!と皆が納得できるものをトコトン追求するからこそ、期待に応えることができる。

引用元:リンク
---------------------------------------------------------

任天堂の発展繁栄の哲学
祖父から継いだ花札とトランプのメーカーだった任天堂を一代で世界企業へと押し上げた山内溥氏。

当時取材にあたった編集者は「とにかく型破りな経営者であるというのが山内社長の第一印象である。その勝負師然たる風貌は、取材中、終始くずすことはなかった」と記しています。

今回は1989年に山内社長が語った貴重なインタビュー記事をご紹介します。
続きを読む

現在の経営陣では不十分。高校生を「最高未来責任者」として採用するユーグレナ

リンク

ミドリムシ(学名:ユーグレナ)を活用した食品や化粧品の開発・販売で知られる株式会社ユーグレナ。
「人と地球を健康にする」を経営理念に、社会課題解決型ビジネスに積極的に取り組んでいます。

そんなユーグレナ社が2019年8月に掲載した新聞広告が話題になったのをご存知でしょうか。
その内容は「18歳以下のCFO」を募集する求人広告。CFOといっても、「Finance」ではなく「Chief Future Officer(最高未来責任者)」。未来を担う役職です。

(中略)
続きを読む

フリーランスの年収 多くが200万円以下の実態

リンク

意識高い人の年収は残念ながら低め

フリーランスの現実はどうか

ITブーム以降日本でも企業に所属しないフリーランスが、新しい働き方として注目されたが。実態は厳しいようです。

小泉内閣では政府が起業を奨励したことがあり、シリコンバレーのようなIT企業誕生も期待されていた。

インターネットの普及によって個人がネット起業や独立する例も増え、そうした成功者も出現している。

クラウドソーシングのランサーズが発表したフリーランス実態調査によると、日本のフリーランスは2017年に1,122万人だった。

この調査のフリーランスは兼業や副業を含むので、個人事業主届けを出していない人も含まれている。
続きを読む
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ギャラリー